2010年11月10日

助成事業報告会 行って来ました

福祉医療機構の事業報告会に行って来ました。

参加者は、70名〜ほど。
基調講演は、「ゆるる」代表の大久保さん。
報告者は、私と、「地域生活も子離れしよう会」の大泉さん。

20分の助成事業報告の予定だったが、機構側の都合で
予定していた事業説明ができなくなってしまったとのこと。

報告の時間を10分〜長く話していただいても結構です。と言われたが、
原稿は20分で構成してあるから、そうそう簡単に10分も変更できないな〜と思っていたら、

なんと!
基調講演の大久保さんの講話も、予定よりも10分ほど短かったのだそう。

報告直前に、出来たら延ばしてください。と・・・・

どうしたものかと考えたが、スライドに合わせて話すのは初めてだから、
ちょっと、ムリ〜
少し、ゆっくり目に原稿を読むことにした。

ま、そんなこんなな裏事情があり、報告は無事終了。

パネルディスカッションでは、大久保さんのペースに乗せられてしまった感が無くもないが
それも何とか終了。良しとしよう。

降壇しようと思ったら、会場から待った!が・・・
「俺にも一言 言わせてくれ」と。

そして、もっと勇気と自信を持って活動を続けて欲しいと エールをもらった。
うれしい。

一人が発言したら、次々に手が上がった。
どれも、私達報告者の活動を応援する。期待する。というものだった。

結局、予定時間を過ぎて終了した。



応援してくれる人がいる。
だから、やっぱり頑張ろうと思える。





posted by CAP at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog

デートDV防止講演会2010(仙台)(講師:ビッグママ)

デートDVを知っていますか?

最近は、よく耳にするようになって来ました。
デートDVは、若者間の交際相手からの暴力のことをいいます。

「まだ、付き合っている人がいないから 私は大丈夫」
「うちの子は、大丈夫。」
「ここは、田舎だから大丈夫」
そんな風に思ってはいませんか?

デートDVは、どんな人にでも、どんなところでも起きる可能性があります。
大切な人が、大切な生徒が、大切なわが子が、
悲惨なデートDVの被害者にも加害者にもならないように
周りにいる私達ができることは何か、一緒に考えてみませんか?


デートDV講演会を開催します。

■デートDV防止講演会2010

日 時:2010年11月21日(日)13:00〜15:30

    第1部【講演】13:00〜15:00

    第2部【デートDV防止プログラム紹介】15:05〜15:30

会 場:仙台市シルバーセンター 第2研修室

定 員:50名(関心のある方はどなたでも参加できます) 

参加費:500円


もしも、
あなたの身近にいる人(彼、彼女)が、
デートDVの被害にあっていたら、
あなたは何ができますか?

被害者に寄り添える支援とは何か?
講師の実体験やデートDV防止みやぎの活動を通して
提案していきます。


第1部 講演
〜あなたは 子どもをデートDVから守れるか?!〜

講 師:Bigmama氏

=講師プロフィール=
Bigmama(ビッグママ)
2008年NHKのTV番組「おはよう日本」や「クローズアップ現代」に
デートDV被害経験者の家族として出演し、この問題は全国的な反響を呼んだ。
若者たちの間に増えつづけるデートDVの実態や、その時親は何ができるのか
を体験をもとに語り、全国各地での講演・取材協力を通してデートDV防止教育
の必要性を訴え続けている。
レジリエンスこころのcare講座ファシリテーター。


第2部 デートDV防止プログラム紹介
〜デートDVのない社会へ 今、私達ができること〜

講座では、中学生や高校生、大学生にどんな風に問いかけるのか?
押しつけではない、みずからの学びや気づきをどう促していくのか?
生徒達の反応はどうか?などをデートDV防止みやぎの活動から紹介します。


デートDVとは、若者の間で起きている、交際相手への暴力のことです。
内閣府の調査では、10代〜20代の時に、交際中の相手から暴力を
受けたことがあると答えた人は、女性13.6%、男性4.3%います。
20代女性に限ってみると、21.3% 5人に1人の割合です。(平成21年)

★あなたの周りでも、こんな場面を目撃したことはありませんか?
 ・携帯の通話記録やメールをチェックする
 ・勝手にアドレスを消す
 ・メールは○分以内に返信しないと怒る
 ・髪型や服装を指示され、それに合わせる
 ・「お前はバカか!」などとけなす
 
これらは、全てデートDVです。
恋愛関係の中にいると、なかなか気づきにくいし、抜け出すことも困難なことが多く、
知識と情報を持っていることで、被害にも早く気づくことができるのです。

**全国NEWSでは、こんな事件もありました**********

 2008年 元グラドル木村衣里DV殺人事件
     交際相手から暴力を受け続け、耐えかねてナイフで背中を刺した

 2009年 千葉県女性殺害・次女連れ去り事件
     元交際相手の次女の母親を殺害・次女を連れ去り沖縄で逮捕

 2010年宮城県石巻市3人殺傷事件
     18歳の少年が、元交際相手の姉と友人・知人を殺傷した

******************************

≪≪≪問合せ・申込み≫≫≫
デートDV防止みやぎ事務局
メールで deta_dv_kouenkai-2010@yahoo.co.jpまで






posted by CAP at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog